前回は「卵焼きと弁証法」というテーマでお話しました。

http://mag.mokutanya.com/mm028

甘い卵焼きかダシの効いた卵焼きか。

その一段上の理解に到達するのが、弁証法だと。

対話の技法として、義務教育で教えた方がいいのでは、と
思います。


今回のテーマは「矛盾という神」。

世の中を見回せば、まさに矛盾だらけです。

個性が大事といいながら、個性を押しつぶす教育。

女性は「社会にもっと進出しろ」とか言われ、その一方で
子供を作れとも言われたり。


私たちは、そういう矛盾の中で、危ういバランスを取りな
がら生きています。

「人間の器」というのも、矛盾と隣り合わせです。

続きは、

から聞いてください。

音声ダウンロード(右クリックして「リンク先を保存」)

(すべてを聞きたい方は、こちらへ)


次回のテーマは「対話の4ステージ」。


それでは、また次回もお楽しみに!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 東洋の深い叡智

サティシュ・クマールのこの本、

http://mag.mokutanya.com/ir9c

「東洋の叡智」というものを感じさせてくれる本です。

世界の指導者が「核の廃絶」とか言うんなら、まずこ
の本を読んで欲しい、と思います。

レビューも素晴らしいです。

音声を全て聞く

※この音声はパスワード(5桁の数字)で保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


※パスワードは以下のいずれかの方法で入手できます。

1.マガジンを定期購読したい方は、こちらから

2.このマガジンだけを購読したい方は、こちらから