前回は「対話の4ステージ」というテーマでお話しま
した。

http://mag.mokutanya.com/mm030

その中で紹介したネイティブ・インディアンの対話は、
まさに「神聖な儀式」と呼べるものでした。

このレベルで対話ができたら、それだけで深い安らぎ
と幸せを感じることができるのでは、と思います。


今回のテーマは「伝える力」。

予告とは違ったテーマでお送りします。

というのもの、ちょっと抽象的な話が続いたので、こ
の辺で、すぐに現実に役立つことをと思ったわけです。

さて、伝える力ですが、普段、「言いたいことがどう
もうまく伝えられない」とか「何だか伝わっていない
なぁ」、とかいうことってありますよね。

自分はそういうつもりで言ったんじゃないのに、とい
うような経験は、私たち誰でもあるのではないでしょ
うか。


どうやったら少しはこれを防げるか、と思っていた時
に、とあるヒントを見つけました。

この方法、単に伝える力がつく、というだけでなく、
プレゼンなどのビジネスの現場でも家庭でも幅広く使
えます。

もしあなたが、これをビジネスで使ったら

 説得力がある

と評価されると思います。

続きは、

から聞いてください。

音声ダウンロード(右クリックして「リンク先を保存」)

(すべてを聞きたい方は、こちらへ)



次回のテーマは「24人の私」。


それでは、また次回もお楽しみに!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ビーツの採種

植えていたビーツ、そろそろ採種できそうです。

タネは

http://mag.mokutanya.com/9esa

で購入しました。

このタネ屋さん、固定種で消毒しておらず、結構
信頼してます。

家庭菜園だからこそ、その辺にこだわって作って
みたいと思ってます。

音声を全て聞く

※この音声はパスワード(5桁の数字)で保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


※パスワードは以下のいずれかの方法で入手できます。

1.マガジンを定期購読したい方は、こちらから

2.このマガジンだけを購読したい方は、こちらから