前回は号外として「伝える力」というテーマでお話し
ました。

http://mag.mokutanya.com/sm031

人間には理解のタイプがあるから、それを使えば、相
手にもっと伝わるかも、っていう話でした。

また、あの手法は一種のフレームワークですので、原
稿を書く時なんかにも使えます。


今回のテーマは「24人の私」。

「24人のビリー・ミリガン」というノンフィクション
があります。

著者は、SFの傑作「アルジャーノンに花束を」のダニ
エル・キイス。

小説としても、面白く読めます。


この本は多重人格をあつかった物で、ここから多重人格
というものが一般にも知られるようになってきました。

多重人格が幼少期の虐待が原因、というのも聞いたこと
があるかもしれません。

ですから、多重人格というものには、ネガティブな印象
を持っているのではないでしょうか。

そう、多重人格というと、状況に応じて自分をコロコロ
変える人というイメージもありますよね。


ですが、よくよく考えてみると、多重人格というのは、
私たち自身の可能性を広げるカギではないか、と思うん
ですね。

今回は、そんなテーマです。

続きは、

から聞いてください。

音声ダウンロード(右クリックして「リンク先を保存」)

(すべてを聞きたい方は、こちらへ)

音声を全て聞く

※この音声はパスワード(5桁の数字)で保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


※パスワードは以下のいずれかの方法で入手できます。

1.マガジンを定期購読したい方は、こちらから

2.このマガジンだけを購読したい方は、こちらから